マナーについてMANNER

日本一マナーのよい花火大会を目指してご協力をお願いします!

  • 余裕を持った行動を

    午後6時以降は指定席も大変混雑し、非常に危険です。また、暗くなってくるので、席にたどり着くのに時間がかかります。余裕を持って入場してください。

  • 必要以上の場所取りはやめてください

    1人でも多くのお客さまに花火を楽しんでもらうため、必要以上の場所取りは禁止です。 また、観覧席の開場時に、坂を走って降りる人がいるけど、ケガをしないかとても心配です。もし、事故があると花火が見れなくなるかもしれないので、絶対にやめてください。

  • チケットがないと入場できません

    観覧会場はすべて有料席(チケット制)です。無料席はありません。チケットを持っていない人は、会場内に入場できません。
    花火の観覧を希望される方は必ず、有料観覧席をご購入くださるようお願いします。

  • マス席ご利用の皆様へ―ブルーシートの持ち帰りにご協力を

    毎年花火大会終了後、観覧席のブルーシートは大量のゴミとして処分されます。環境にやさしい長岡まつりを目指して、ブルーシートの持ち帰りにご協力をお願いします。

  • ごみの持ち帰りにご協力を

    会場の近くに住んでいる人もたくさんいます。「誰かが捨ててくれるから」「少しくらいなら」「ここなら見えないから」と思って捨てたごみが、とても迷惑をかけてしまいます。
    「たくさんの人が来てくれたし、みんなマナーが良くて持ち帰ってくれたから、ごみも無くてうれしい。」と言われるようになったらいいですよね。

  • 花火大会終了後、車は動きません

    車で来ると帰るのが大変!
    花火大会が終わると、みんなが一気に帰り出すために、毎年ものすごい渋滞になってしまいます。
    信号一つ渡るのに1時間かかったという話もあります。
    花火を最後まで見て渋滞を覚悟するか、花火を最後まで見ないで渋滞に遭わないようにするか、とても悩むところです。

  • 会場近隣に駐車場はありません

    公共交通機関、シャトルバスをご利用ください。
    近年、路上駐車が増えています。「花火の時だけだし、ちょっとだけなら」「他の車も停めてるし」そんな軽い気持ちでした路上駐車で、誰かが不便な思いや嫌な思いをしています。
    また、緊急車両等の通行の妨げになります。絶対にやめてください。

  • 歩きにくい靴はとても危険

    花火会場内は、砂利道や坂が多いので、ヒール・サンダル等の歩きにくい靴はケガや事故につながります。

  • 自分の席以外での撮影禁止

    自分の席を離れて通路などでの撮影は、周りの人の迷惑になりますので絶対にやめてください。毎年観覧者同士のトラブルが多発しています。
    撮影するときは立ち上がったりせず、三脚も周りの人の観覧の妨げにならない高さ(座高の高さが上限)で使用してください。

  • 迷子・迷大人にならないように

    花火会場は、多くの人々が集中するため、携帯電話・スマホが通じません。 花火大会が始まると呼び出しや迷子放送ができないので、いざという時のために事前に集合場所を決めておくと安心です。

  • 飲み物の飲み過ぎはご注意を

    熱中症対策としての水分補給を推奨していますが、飲み過ぎには要注意です。
    トイレは順番待ちの長蛇の列ができます。年々仮設トイレを増やしていますが、その数に限りはあります。
    「座って花火を見ているよりもトイレに並んでいる時間のほうが長かった」ということがないようにしましょう。
    ※2022年の花火大会は感染症防止の観点より、熱中症対策としての水分補給以外の飲食(特にアルコール飲料)は極力お控えください。

  • ドローンは持ち込み禁止

    ラジコンヘリ、ドローンなど小型無人飛行機の会場内への持ち込みや飛行は禁止します。

  • 自転車で会場へ入れません

    堤防上の通路など会場内は大変混雑します。自転車での通行は歩行者との接触事故につながり危険です。
    会場周辺の臨時駐輪場をご利用ください。

  • ペット連れで会場内に入れません

    キャリー、ケージ等に入っていても入場はできません。観覧者の中には動物が苦手な人もいます。また花火に驚いて吠えたり、暴れたりすることで、思わぬ事故や観覧者同士のトラブルにつながります。

  • 花火会場は全席禁煙

    受動喫煙防止や人ごみでの事故防止のため、花火会場は全席禁煙となっています(電子たばこ含む)。喫煙は指定の喫煙所を利用してください。

    もちろん歩きタバコや、タバコのポイ捨ては厳禁です!

  • イス、テーブルは使用禁止

    後ろの人が花火が見えにくくなり、毎年観覧者同士のトラブルが多発しています。
    また、緊急・避難時の妨げになりとても危険です。

  • シートの固定に置石は使用禁止

    シートの固定に石・ブロック等は絶対に使わないでください。つまずいたり、斜面を転がり人にぶつかったりするなど大事故につながります。シートを固定するためのガムテープをご用意ください。

    長岡花火 花火大会終了後に片づけている大量の置石
    毎年大会終了後に大量の置石を片付けています。

  • ペンライトなどの持参

    花火大会が終わると、打上げ場にいる花火師さんや、花火打ち上げにご協力いただいたスポンサーの皆さんに、会場のアナウンスに合わせて、ペンライトなどの光るものでお礼の気持ちを送ります(光のメッセージ)。
    両岸でやるからお互いのきれいな光が見えて、花火とはまた違った感動があります。
    これも長岡花火ならではの醍醐味。
    帰りの暗い足元を照らすためにも、光るものを持ってくるととても便利です。
    ※レーザーポインターなどレーザー光線を発生させる物は使用しないでください。

    長岡花火 花火師さん達に向けた光のメッセージ
    長岡花火公式アプリの「なないろライト」機能もオススメです。

早朝清掃にご理解を

毎年花火大会の翌早朝(8月3日と4日の早朝)、市内の小中学校や企業の皆さんから、会場内の清掃・ごみ拾いをしてもらっています。
早朝清掃は平成7年から始まり、令和4年で26回目を迎えました。
近隣町内のみなさんには、朝早くからご迷惑をおかけしますが、ご理解をお願いします。
清掃ボランティアの方には、会場周辺の駐車場が少ないため、車を乗り合わせるなどのご協力をお願いしています。

長岡花火 早朝清掃にご理解を

令和4年は56団体、のべ2,564名から早朝清掃に参加いただきました。
ごみのないきれいな会場で花火が見られるのはボランティアの方々のおかげです。
長岡まつり大花火大会の運営には、このような裏方の皆さまの協力があってこそ成り立っています。
令和4年に早朝清掃に参加いただいた皆様は次のとおりです。

令和4年の早朝清掃ボランティア参加団体 (順不同、敬称略)

大島小学校/千手小学校/旭岡中学校/東中学校/南中学校/西中学校/江陽中学校/宮内中学校/大島中学校/附属長岡中学校/(一社)新潟電設業協会/(一社)長岡市電設業協会/(株)新潟日報メディアネット長岡中央営業所/新潟たばこ文化愛好会/長岡たばこ販売協同組合/真如苑長岡支部/天理教長岡支部/長岡三古老人福祉会高齢者総合施設縄文の杜関原/コンパクトシティ桜ガーデンプレイス福住/長岡介護福祉専門学校 あゆみ/ケアハウス けやきの杜/長岡三古老人福祉会高齢者総合福祉相談センター川崎/特別養護老人ホーム みしま園/特別養護老人ホーム 槇山けやき苑/介護老人福祉施設てらどまり/特別養護老人ホーム 桐原の郷/特別養護老人ホーム 中之島/介護老人保健施設 グリーンヒル与板/ケアハウス 福戸/長岡ランナーズ/(株)バイタルネット長岡支店/富士建設工業(株)長岡事業所/(一社)長岡市建設業協会/(株)大光銀行/(株)イートラスト/日本精機(株) ボランティアサークル/(一社)長岡青年会議所/東京電力ホールディングス(株)新潟本部/東京海上日動火災保険(株)/高齢者複合施設サクラーレ福住/(株)ウィルエージェンシー/岡三にいがた証券(株)/にこにこ会/地域密着型複合施設わしま/(株)マルハン/フラー(株)/株式会社クレスコ長岡事業所/公孫会青年部会/ヤヨイサンフーズ/明治安田生命 長岡南営業部/立正佼成会長岡教会/第一生命 長岡北営業オフィス/谷井 宏紀/長岡東ローターアクトクラブ/Airオートクラブ長岡分会/新潟アルビレックスBB

ご協力ありがとうございました。

その他の注意事項

花火の打ち上げ場所付近の立ち入り禁止区域には、絶対に入らないでください。

事故を未然に防ぐため、警察官・警備係員の指示には必ず従ってください。

万が一、不発玉等を発見された場合は、速やかに付近の警備係員又は長岡花火財団(0258-39-0823)までご連絡ください。