歴史年表HISTORY

長岡まつり・大花火大会の歴史

1879明治12年

長岡で初の花火大会『長岡の花火大会の起源』
9月14日・15日千手町八幡様のお祭りで、遊郭関係者が資金を供出しあい、350発の花火を打ち上げる。

1906明治39年

市制が施行される。

1917大正6年

「二尺玉」4発の打ち上げに成功する。(田崎藤蔵氏)

1926大正15年

「正三尺玉」の打ち上げに成功する。(二代目中川繁治氏)

1927昭和2年

スターマイン「速射連発」が初登場する。

1938昭和13年

戦争により、花火大会「中止」に追い込まれる。

1945昭和20年

8月1日「長岡空襲」。まちの8割が焦土と化し、1488名が犠牲となる。

1946昭和21年

忌まわしい空襲の日から1年後の8月1日、「長岡復興祭」を開催する。

1947昭和22年

復興祭の1・2日、長岡の花火が「復活」する。

1948昭和23年

1日を「戦災殉難者の慰霊」の日とし、2・3日を「花火大会の日」と改める。

1950昭和25年

山下清画伯・名作「長岡の花火」を発表。

1951昭和26年

「長岡まつり」に改称する。(「長岡まつり」のはじまり)
戦後初の「正三尺玉」の打ち上げに成功する。(嘉瀬誠喜氏、誠次氏)

1953昭和28年

長生橋にナイアガラ大瀑布が初登場する。

1960昭和35年

ベスビアス大スターマインが初登場する。

1970昭和45年

北島三郎が歌う「大花火音頭」が発売される。

1983昭和58年

「三尺五寸玉」が打ち上げられる。(打ち上げ筒は郷土史料館に展示)

1984昭和59年

長岡青年会議所が長岡まつりで昭和46年(1971年)以来とだえていた灯籠流しを復活させる。

1986昭和61年

市制80周年を記念して、「武者行列」と花火大会での「尺玉80連発」、前夜祭での「神輿渡御」を開始する。

1987昭和62年

大手大橋に仕掛けられるナイアガラ大瀑布が新たに登場。

1990平成2年

ナイアガラと正三尺玉の同時打ち上げが実現する。

1996平成8年

市制90周年を記念して、「ワイドスターマイン」の打ち上げを開始する。

1998平成10年

公募により名称の決まった、「ミラクルスターマイン」の打ち上げを開始する。

2001平成13年

メッセージ花火を開始する。

2002平成14年

平成12年(2000年)に引退、撤去された正三尺玉の打ち上げ筒が長岡駅前にモニュメントとして展示される。
8月2日の昼行事で行われていた「武者行列」が核となり、10月第一土曜日の「米百俵まつり」がスタートする。
まちなか花火ミュージアムがオープンする。

2005平成17年

復興祈願花火「フェニックス」が打ち上げられる。

2006平成18年

8月4日に世界の花火ショー開催。
市制100周年を記念して尺玉100発が打ち上げられる。

2008平成20年

平成21年(2009年)の大河ドラマ「天地人」放送決定を祝し、8月3日に音楽とシンクロしたストーリー性のある「天地人花火」を打ち上げる。

2012平成24年

平成24年(2012年)に公開された長岡花火を題材にした映画「この空の花-長岡花火物語」の上映を記念し、映画の主題曲にのせて「花火『この空の花』」を打ち上げる。

2014平成26年

右岸に4万人分の観覧席を増設、土日の開催で過去最多の103万人が来場。
10年目の復興祈願花火「フェニックス10」が5分10秒のフルバージョンで打ち上げられる。

2015平成27年

長岡まつり大花火大会、過去最多の104万人が来場。
長岡まつり史上初、正三尺玉が3連発で打ち上げられる。
正三尺玉とスターマインの共演が実現する。
平成17年の市町村合併から10年を記念し、ミュージックスターマイン「花火『故郷はひとつ』」を打ち上げる。
8月15日、16日に姉妹都市ホノルル市の真珠湾で、両国の戦争犠牲者の慰霊と世界の恒久平和、未来を担う青少年の成長を願う長岡花火が打ち上げられる。

2016平成28年

花火師・嘉瀬誠次氏が長岡市民大賞を受賞。
長岡復興応援ソング「空を見上げてごらん」に乗せて「米百俵花火・尺玉100連発」を打ち上げる。これによりすべてのミュージックスターマインが長岡に縁のある音楽となる。

2018平成30年

長岡開府400年を記念し、ナイアガラ超大型スターマインが特別バージョンで打ち上げられる。