トピックスTOPICS

2020年 長岡まつり大花火大会開催中止のお知らせ

現在、新型コロナウイルスの感染が国内外で拡大し、多くの人々の生命、健康そして生活、経済に甚大な被害を及ぼしております。また、その終息の時期、ワクチンや治療薬の開発の時期等が見通せない状況にあります。

長岡花火は、市民の皆様をはじめ、長岡花火を観に来てくださる方々、さらには映像等を通じて広く国内外の皆様と一緒に、慰霊、復興、平和を祈願する花火であり、その人々を危険にさらすものであってはならず、「長岡花火によって新型コロナウイルスの感染拡大を起こしてはならない」ことを第一に考えなければなりません。

こうした中、当財団は共催者である長岡市との協議において上記の考えを伝えた上で、影響が広く及ぶこと等に鑑み長岡市長の最終的な判断を求め、現時点で8月に長岡花火を安全に実施できる具体的な根拠が見いだせない以上、本年度の花火大会は中止せざるを得ないという市長の判断に従うことといたしました。

「慰霊、復興、平和への祈り」の想いを持つ長岡花火の歴史・意義・伝統、そして、長岡花火を楽しみにし、心の支えにもしている多くの市民、全国の長岡花火ファン、さらには、花火大会を支えてくださる花火スポンサーの皆様の想いを考えると、まさに苦渋の判断、断腸の思いであります。

しかしながら、幾多の災害を乗り越えてきた「慰霊と復興、平和への祈り」という長岡花火の本旨は失ってはならないものであり、さらに今般のコロナウイルスという大きな災厄において、早期の終息と復興を祈念することも意義あることと考えます。
そこで、花火大会は中止といたしますが、長岡まつり期間中の8月1日、2日、3日において、「慰霊、復興、平和の花火」、そして、「新型コロナウイルスの終息を祈願する花火」を打ち上げたいと考えております。市民の皆様には、趣旨にご理解をいただき、それぞれの場所で、密集することなく静かにご覧いただければ幸いです。

花火大会を楽しみにしておられた皆様には、このような判断になったことについては、非常に心苦しい限りですが、安全安心を最優先に考えての判断であることをどうかご理解いただきたく存じます。

最後になりますが、来年2021年の長岡まつり大花火大会では、コロナウイルスの危機を克服し、元気にはばたくフェニックス花火など例年以上の花火を見ていただきたいと思います。引き続きの御支援、御協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

2020年4月10日
一般財団法人長岡花火財団 理事長 髙見 真二

磯田長岡市長のメッセージはこちらから